RieglJapan

NFB(Nadir/Forward/Backward)スキャンUAV LiDARセンサー
RIEGL VUX-120-23

製品概要

RIEGL VUX-120-23は、2020年発売のモデル「VUX-120」から筐体はそのままに、性能がアップグレードされたモデルです。
軽量・コンパクトでありながらも、100°の広いFOVと、最大2.4MHzの非常に高速なデータ取得スピードを提供し、高点密度のコリドーマッピングアプリケーションに最適です。
RIEGL VUX-120-23の測定ビームは、3つの異なる方向に連続してスキャンされ、直下、前方+10度、後方-10度が連続します。これにより、特に構造物の垂直面や狭い峡谷のような困難な環境で、データキャプチャにおいて比類のない完全性を備えたデータ取得が可能になります。

スキャナーは、1TByteの内部データストレージ容量と取り外し可能なCFastカードを提供し、外部INS / GNSSシステム用のインターフェイスと、最大2台の外部カメラを制御するためのインターフェイスを備えています。 RIEGL VUX-120-23の洗練されたデザインにより、UAS / UAV / RPAS、ジャイロコプターなどの小型有人飛行機だけでなく、ヘリコプターにもスムーズに統合できますが、プラットフォームとしてはスキャンラインの特性上、固定翼タイプが最適です。
RIEGL VUX-120-23は、スタンドアロンのUAV LiDARセンサー単体ですが、IMU/GNSSシステムとインテグレーションされたVUX-SYS(VUX-120-23搭載タイプ)としても、ご提供可能です。

RIEGL VUX-120-23の特長

  • 最大2.4MHzのレーザーパルス繰り返しレート
  • 最大2,000,000点/秒の測定レート
  • 最大400ライン/秒のスキャンスピード
  • 最大720mの運用飛行高度
  • 視野角100°
  • 軽量・コンパクト(スキャナー約2kg)
  • 垂直構造物や狭い峡谷でも比類のない完全性なスキャンデータのための直下/前方/後方のNFBスキャン
  • 最先端のRIEGLテクノロジー: エコーデジタイゼーション、マルチターゲット測定機能、オンライン波形分析、マルティプルタイムアラウンド処理
  • UAV(ドローン)や小型有人機への取り付けが可能
  • INS / GNSS統合のための機械的および電気的インターフェース
  • 最大2台の外部カメラ用のインターフェース
  • 内部1テラバイトSSDメモリのスキャンデータストレージ
  • 取り外し可能なCFAST®メモリーカード

RIEGL VUX-120-23の用途例

  • コリドーマッピング:送電線、線路、パイプラインの検査
  • 露天掘りの地形
  • 都市環境の調査
  • 考古学と文化遺産のドキュメンテーション
  • 農林業

UAVレーザースキャナーについて知りたい方

UAV(無人航空機)レーザースキャナーの仕組みや、
RIEGL TLSレーザースキャナーのメリット・計測手法などをご紹介します。

より詳しい資料が必要な方へ

UAVレーザースキャナをご希望の方へ、製品資料をご用意しております。
資料の一部を下記よりご確認いただけますので、ご入用の方はフォームよりご連絡ください。

リーグル社ホームページ

RIEGL社ホームページ(英語)

RIEGL USA Youtubeチャンネル

RIEGL Youtubeチャンネル(英語)

業界トレンドコラム 中小企業の設備投資に対する優遇税制 RIEGL 点群サンプル in POTREEE