RieglJapan

データの処理・表示用ソフト
RiPROCESS

製品概要

RiPROCESSは、RIEGLレーザースキャナーによる航空レーザースキャニングシステム(ALSシステム)やモバイルレーザースキャニングシステム(MLSシステム/MMS)で取得されたデータを管理、処理、解析、そして可視化する為に設計されています。 RiPROCESSはプロジェクト指向で、ユーザーは1つのプロジェクト内の取得、処理した全てのデータを管理できます。このデータは、プロジェクトデータ、RIEGL LMS-Q680i/Q780からのデジタル化されたエコー信号のような生データ、マウンティング情報やキャリブレーションデータのようなスキャニングシステム情報、IMU/GPSの位置・姿勢データ、中間データファイル、高速データアクセス用のツリーファイル検索、そして全計測座標に対して追加記述子のあるジオリファレンス点群が含まれています。 RiPROCESSは、サードパーティーソフトウェアパッケージによって分類、三角網生成、間引きのような共通タスクを実行するのに広く用いられているLASフォーマットにデータエクスポートができます。RiSCANPRO、RIEGL地上型3Dスキャナー用ソフトへのインターフェースで、さらなる可視化や処理ツールが活用できます。

RiPROCESSの特長

  • プロジェクト指向で、RIEGLの航空・モバイルレーザースキャナーデータ処理用の管理ツール
  • リモートコントロールモードでRiANALYZEとRiWORLDを活用
  • システムキャリブレーションとスキャンデータの調整はフラットな対象物で取得したマッチングデータに基づきます
  • データマッチング精度の統計的分析:測量データとの比較
  • LAS、Terrasolid、ASCIIデータ変換を経由してさらなる後処理ツールへのインターフェース
  • マルティプルワークステーション環境での作動で並列計算によるデータ後処理能力の向上

PDF資料ダウンロード

日本語版ドキュメント

英語版ドキュメント

お問い合わせ

お電話での御問い合わせ
03-3382-7340
インターネットから御問い合わせ
お問い合わせフォームへ
リーグル社ホームページ

RIEGL社ホームページ(英語)

i-Construction 点群iPadアプリ RiALITY