RieglJapan

レーザースキャナーとは

スキャナーから照射されたレーザーによって、対象物の空間位置情報を取得する計測です。 地上型3Dレーザー、航空レーザー、MMS(モバイルマッピングシステム)の3つに大別されます。 安全に離れた位置から非接触、ノンプリズムで大量点群データを取得できます。 従来の「単点」の測量ではなく、ごく短時間に大量かつ「面」的な「3次元空間の点群座標」を取得する計測技術です。

基本的な原理

RIEGL製品は、タイム・オブ・フライト(Time Of Flight:TOF)方式と呼ばれる、測定対象物にレーザー光線を照射してレーザーが返ってくるまでの時間を測定し距離に換算する方式を採用しています。 同時に、レーザーの照射角度から対象物の座標値(X、Y、Z)を算出します。

レーザースキャナーによって得られるデータ

3次元座標(X,Y,Z)以外に、カラー情報(R,G,B)、反射強度、反射率、角度情報(φ,θ)etc… 各点ごとに複数の情報が取得されています。

高性能なRIEGLのレーザースキャナーで計測した、点群データを使用した動画は、下記からご覧いただけます。

動画を見る

導入メリット

レーザースキャナーの導入によって、従来の測量方法にとらわれず、幅広い計測に使うことができます。

  • 現場作業の大幅削減 (時間・人員のコストダウン)
  • 人が立ち入る事ができない場所のデータが取得できる=安全の確保
  • 取得データのあらゆる角度からデータを確認できる
  • 任意の位置から断面図が作成可能
  • デジタルなデータとして保存
  • 複雑な形状が計測可能

RIEGLのレーザースキャナを実際に導入して頂いた企業様の、計測事例は下記からご覧頂けます。

計測事例を見る

お求めの情報と違いましたか? 他にもこんなコンテンツがあります。

お問い合わせ

お電話での御問い合わせ
03-3382-7340
インターネットから御問い合わせ
お問い合わせフォームへ
リーグル社ホームページ

RIEGL社ホームページ(英語)

i-Construction 点群iPadアプリ RiALITY