RieglJapan

ハイエンドモデル UAVグリーンレーザースキャニングシステム
RIEGL VQ-840-G

こちらの点群ビュワー「POTREE」から、点群のサンプルデータをご覧いただけます

RIEGL VQ-840-G 点群サンプル

製品概要

RIEGL VQ-840-Gは、レーザースキャナーとIMU/GNSSがインテグレートされた水面下の地形計測を目的としたグリーンレーザースキャニングシステムです。
スキャニング構造はラインスキャンではなく、ALB(航空レーザー測深)と同じ円形スキャンを採用することで屈折補正の精度を安定させ、より正確な地形データを提供いたします。
また、ビーム広がり角を選択可能にすることでNOHD、ENOHDに対する安全性(レーザークラス3B)を考慮した飛行高度がフレキシブルになり、UAV(ドローン)だけでなく小型有人機への搭載などプラットフォームの幅が広がります。

RIEGL VQ-840-Gの特長

  • 水面下の地形、陸上の地形ともに計測可能なUAVまたは有人機搭載LiDARとしての設計
  • エコーのデジタル化とマルチターゲット測定機能を備えたオンライン波形分析に基づく高精度な測距
  • 最大200kHzの測定レートと最大100スキャン/秒のスキャンレートによる高い空間分解能
  • RGBカメラのインテグレート
  • 標準的な測深能力 2Secchi Depth
  • プロジェクトにあわせたビーム広がり角、受信FOVの設定変更が可能

RIEGL VQ-840-Gの用途例

  • 河川、海岸線での浅瀬のマッピング
  • ALBの補完として狭いエリアの詳細計測

PDF資料ダウンロード

日本語版ドキュメント

英語版ドキュメント

より詳しい資料が必要な方へ

UAVレーザースキャナをご希望の方へ、製品資料をご用意しております。
資料の一部を下記よりご確認いただけますので、ご入用の方はフォームよりご連絡ください。

リーグル社ホームページ

RIEGL社ホームページ(英語)

i-Construction RIEGL 点群サンプル in POTREEE