RieglJapan

航空レーザーでの距離のあいまい性を自動処理
RiMTA

製品概要

航空レーザースキャナーによる高い測定レートでの高い高度における取得データは、しばしば距離のあいまいさがでます。LMS-Q680i/Q780のようなマルティプルタイムアラウンド機能(MTA)のある装置は後処理であいまいさを解決できるデータを提供します。 手動で距離計算の為の正確なMTAゾーン指定する代わりに、 RiMTA は各測定の正確なMTAゾーンを自動的に検出します。 あいまいなエコ-範囲の正確な分解能は、大量データの高速処理を維持するワークフローに最適化する為に、SDCインポートとRiANALYZEのタンデムでRiMTAを使うことによって達成されます。

RiMTAの特長

  • タイムオブフライト測定での距離のあいまいさを自動処理
  • MTAゾーンの数は無制限
  • REIGLのデータ処理作業にスムースに統合
  • MTA処理機能付きRIEGL航空レーザースキャナーで取得したデータの処理

PDF資料ダウンロード

日本語版ドキュメント

英語版ドキュメント

お問い合わせ

お電話での御問い合わせ
03-3382-7340
インターネットから御問い合わせ
お問い合わせフォームへ
リーグル社ホームページ

RIEGL社ホームページ(英語)

i-Construction 点群iPadアプリ RiALITY