RieglJapan

全波形解析用ソフト
RiANALYZE

製品概要

航空レーザースキャナーRIEGL LMS-Q680iやLMS-Q780は、全ての発射されたレーザーパルスのエコー信号の波形にデジタル化されます。 RiANALYZEは、「全波形解析」と呼ばれるレーザースキャナーからのエコー信号のデジタル化、そしてさらにジオメトリーデータ(すなわち距離、スキャン角)の直角座標への変換に使用します。従って、RiANALYZEはデジタル化したエコー信号データを更なる処理の為に、互換性のある従来の航空レーザーデータ処理パッケージに変換します。 出力は明確に定義されたスキャナー座標系(SOCS)の点群です。すべての点群には、正確なタイムスタンプ、信号受光強度、エコーパスル幅、ファースト、セカンド・・・ラストターゲットまでの分類などの情報が追加されます。 異なるアプローチは、航空レーザースキャナーのデジタル化されたエコー信号の全波形解析を提案しています。RiANALYZEはユーザーが処理時間や処理精度を最適化できる3つの異なるアルゴリズムを実装しています。

RiANALYZEの特長

  • 全波形解析によるターゲット検出とターゲットターゲットパラメーターの評価
  • パラメータ設定可能な異なる解析アルゴリズム
  • 発射されたレーザーパルス毎の無制限のターゲット数の抽出
  • 明確に定義されたスキャナー座標系への座標変換
  • RiPROCESSへのスムースな統合
  • ターゲット記述子を追加した点群の出力
  • ファースト、セカンド・・・ラストターゲット表示を出力
  • パルス幅、反射強度を出力
  • タイムスタンプ(UTC、GPS)
  • 様々な後処理ソフトウェアパッケージ用の異なるデータ出力フォーマット

PDF資料ダウンロード

日本語版ドキュメント

英語版ドキュメント

お問い合わせ

お電話での御問い合わせ
03-3382-7340
インターネットから御問い合わせ
お問い合わせフォームへ
リーグル社ホームページ

RIEGL社ホームページ(英語)

i-Construction 点群iPadアプリ RiALITY