RieglJapan

トピックス

NASA JPL(ジェット推進研究所) RIEGL LMS-Q1560を導入

14.04.28

RIEGL_LMS-Q1560_mounting_300px.jpg

NASA JPL(ジェット推進研究所)は、主要な山の流域の積雪をより完全に

かつ正確に計測する為に、RIEGL LMS-Q1560を導入しました。

これにより、NASA  JPLは、積雪の影響による水の流れ・ボリュームを

測定する事ができます。

データは今後、洪水や水の分配の可能性を国の機関はもとより、

水道局、発電所管理者、農業関係者がアクセスできるようになります。

 

「’’どの位の早さで溶ける?どこに蓄積される?どこで溶ける?’’

  このプロジェクトが始まるまで我々は完全な空間情報を持っておらず、とてもムラのある情報でした。」

                     プロジェクト調査リーダー Tom Painter(NASA)は語っています。

 

RIEGL LMS-Q1560は、高性能でフルインテグレートされた長距離航空LiDARシステムで

様々な航空測量業務に対して比類のないツールです。デュアルレーザーチャンネルはデータ収集を劇的に上昇させます。 

Multiple-Time-Around(MTA)機能は、業務の安全性と処理スピードを向上させます。

そして、革新的な前方/後方視機能と波形解析により複雑な都市や山の地形のデータ収集もより良いものとなります。 

このシステムは低高度の飛行が可能なだけではなく、最大15,500フィートAGLの高度でのフライトが可能です。

 

NASA JPLの機体「Twin Otter」に搭載したRIEGL LMS-Q1560のインテグレーションとフライトの様子を

YouTubeチャンネルでご覧いただけます。

RIEGL LMS-Q1560 supporting NASA mission!

 

お問い合わせ

お電話での御問い合わせ
03-3382-7340
インターネットから御問い合わせ
お問い合わせフォームへ
リーグル社ホームページ

RIEGL社ホームページ(英語)

i-Construction RIEGL 点群サンプル in POTREEE