RieglJapan

トピックス

世界遺産 マチュピチュ計測事例紹介

12.03.10

VR(バーチャルリアリティ)への利活用 
 
 
TBSと凸版印刷㈱は共同で、2012年3月10日から国立科学博物館(東京・上野)で開催されている『インカ帝国展 マチュピチュ「発見」100年』で公開中のVR映像作品を制作しました。
 
制作に際して、大手前大学史学研究所の協力により、RIEGLスキャナー「LMS-Z420i」を使用し、世界で初めて広範囲なマチュピチュ遺跡全体の三次元計測を実施。
 
この計測によって得られた立体形状に、現地で撮影した写真を加工して質感を加え、演出を施し、圧倒的没入感のあるVR映像となっています。
凸版印刷ニュースリリースより引用・編集)
 
マチュピチュ「発見」100年
インカ帝国展公式HP  http://www.tbs.co.jp/inkaten/
 
計測した点群データ
 
計測風景

お問い合わせ

お電話での御問い合わせ
03-3382-7340
インターネットから御問い合わせ
お問い合わせフォームへ
リーグル社ホームページ

RIEGL社ホームページ(英語)

i-Construction RIEGL 点群サンプル in POTREEE