RieglJapan

RIEGL VZ-4000/6000用 距離のあいまい性を自動解決
RiMTA 3D

製品概要

地上型レーザースキャナーによる高い測定レートでの長い距離における取得データは、しばしば距離のあいまいさがでます。RIEGL VZ-4000/6000 のような後処理ソフトで提供されたデータの情報を含むマルティプルタイムアラウンド機能(MTA)のある装置は、これらのあいまいさの解決します。各データやサブセットの正しいMTAゾーンをユーザーが手動で求める代わりに、RiMTA 3D は各測定の最も可能性の高いMTAゾーンを計算します。 短いレーザーパルスのタイムオブフライト測定を使うLIDAR装置のターゲットまでの距離を正確に求めるには、それぞれのレーザーパルス発射と受信エコーパルスの相関を正確に決める事が必要です。 しかし、高いパルス繰り返しレート(PRR)と広いターゲット範囲がエンジニアのスキル(光の速さ)によって微調整されない事が要因でこの明確な割り当てがあいまいになります。 PRR 300kHzでの正確な距離の限界はわずか500mに制限されており、RIEGL地上型スキャナー(TLS)による日常を超える測定距離です。

RiMTA 3Dの特長

  • タイム・オブ・フライト測距での距離のあいまい性を自動解決
  • 無制限のMTAゾーン
  • RIEGL VZ-4000やVZ-6000での取得データ処理で使用
  • データ処理作業においてスムーズに統合

RiMTA 3Dの用途例

  • RiMTA 3D - RiSCANPROにシームレスに統合 - 大量なデータ処理の為、高速処理を維持します。

PDF資料ダウンロード

日本語版ドキュメント

英語版ドキュメント

お問い合わせ

お電話での御問い合わせ
03-3382-7340
インターネットから御問い合わせ
お問い合わせフォームへ
リーグル社ホームページ

RIEGL社ホームページ(英語)

i-Construction 点群iPadアプリ RiALITY