RieglJapan

波形データアクセス用ライブラリー
RiWAVELib

製品概要

RiWAVELibは、RIEGLレーザースキャナーでのデータ取集で記録されたデジタル化したエコー信号に正しく裏付けれたアクセスを提供します。波形データとしても知られているデジタル化されたエコー信号は、距離情報の推定や波形からの追加データであるいわゆる全波形解析の基礎となります。さらにライブラリは測定毎にタイムスタンプと測定方向へのアクセスを可能にし、従って、全波形解析用の独自のアルゴリズムに基づいて点群データを導き出すことができます。 RiWAVElib は、RIEGLで使用する2種類の波形データ形式へのアクセスを提供します。 LMS-Q560とLMS-Q680iで使用される SDFファイル形式と VZシリーズとVQシリーズの波形データオプションで使用される WFMファイル形式です。アプリケーションのプログラマーは共通のインターフェースを使って両方のファイル形式の波形データにアクセスが可能です。

RiWAVELibの特長

  • RIEGLの装置で取得した波形データへの完全なアクセス
  • SDFとWFMファイル形式の為の共通インターフェース
  • データストリーム内のタイムスタンプの為のインデックスベース
  • ライブラリーインターフェースは、C標準規約です
  • C,C++,Pascal,Pythonのような様々なプログラミング言語で使用可能
  • LinuxおよびWindows®をサポート

RiWAVELibの用途例

  • 森林計測
  • バイオマス

PDF資料ダウンロード

日本語版ドキュメント

英語版ドキュメント

お問い合わせ

お電話での御問い合わせ
03-3382-7340
インターネットから御問い合わせ
お問い合わせフォームへ
リーグル社ホームページ

RIEGL社ホームページ(英語)

i-Construction 点群iPadアプリ RiALITY