RieglJapan

全波形デジタル処理 広範囲マッピング向け航空レーザースキャナー
RIEGL LMS-Q780

製品概要

RIEGL LMS-Q780 は強力なレーザー光源と、Multiple-Time-Around処理(MTA)及びRIEGL独自のデジタル全波形分析処理を採用しています。この組合せによっていろいろな高度での作動が可能になり、従って複雑な地形の航空測量に最適です。
このスキャナーの独自の機能は、通常、広い測定範囲と高い繰り返しレートで発生する距離あいまい性の自動解決が含まれています。航空レーザースキャニングで表れる距離あいまい性の影響は、「multiple-time-around」や「multipe-pulses-in-the-air」として知られています。RIEGLの新世代航空レーザースキャナーは、multiple-time-around(MTA)処理によって、この制限を克服しました。
RIEGL LMS-Q780は、空中の10個までのパルスを同時に地上空間の最良点にします。これは、高い効果的なレートを保持しつつ、地形追従の必要性を省きます。業界をリードするデジタル信号処理と包括的なRIEGLソフトウェアパッケージの組み合わせで、最高クラスの結果を得ることができます。

RIEGL LMS-Q780の特長

  • 標準的な使用高度7200ftからでも地上での測定点は266,000測定/秒まで
  • Multiple-Time-Around処理(MTA): 同時に空中にある10個(MTAゾーン10)までのパルスを処理
  • 全波形分析によって無制限のターゲット数を処理
  • 400kHzまでの高いレーザーパルスレート
  • 異なるフィールドにも適用する為のさまざまなレーザーパワー設定
  • 距離精度 ±20mm
  • 200ライン/秒までの速いスキャン速度
  • 60°視野の広いスキャン範囲
  • 平行なスキャンライン
  • 雪や氷の地形測定に最適化
  • GNSSとのスムーズな時間同期
  • 他のRIEGL ALS-システム、ソフトとのシームレスな組み込み及び互換性

RIEGL LMS-Q780の用途例

  • 広範囲/高高度のマッピング
  • 氷河や積雪地帯のマッピング
  • 地形測定や鉱山での測定
  • シティモデリング
  • 湖岸や川岸のマッピング
  • 農地や森林測量
  • 路線計測

部品構成

  • 480×212×279mm 20kg

技術データ

レーザー製品分類

クラス3B IEC60825-1:2007

LMS-Q780_201307.pdf---Adobe-Acrobat-Professional.jpg

距離測定性能

パルスレートとタゲット反射率による距離性能

フルレーザーパワー出力
レーザーパワーレベル 100%
レーザーパルスレート 100kHz 200kHz 300kHz 400kHz
最長測定距離1),3)
自然物ターゲット ρ≧20%
自然物ターゲット ρ≧60%
4,100m
5,800m
3,500m
5,100m
3,000m
4,500m
2,700m
4,100m
最大測定飛行高度AGL2) 3,350m
11,000ft
2,850m
9,400ft
2,450m
8,000ft
2,200m
7,200ft
NOHD4)
eNOHD5)
200m
1,500m
160m
1,200m
150m
960m
105m
820m
1)
下記の状況を想定しています。
  • ・ターゲットサイズがレーザービームのスポットサイズより大きい
  • ・平均的な明るさ
  • ・視界 40km
  • ・適切な飛行計画とマルチタイムアラウンド処理によって不確実性を解消を解消
  • ・直角の入射角
2)
反射率 ρ≧20%、FOVFOVFOV 60°、追加的なロール角、±5 MTAゾーンの変わり目は考慮せず。
3)
明るい太陽のもとでは曇り空の場合よりも作動距離がかな短くなり、作動飛行高も低くなります。
4)
IEC60825-1:2007の単発条件に準じたMPEに基づく公称眼障害距離。
5)
IEC60825-1:21:2007の単発条件に準じたMPEに基づく拡張された公称眼障害距離(eNOHD:双眼鏡あるいは望遠を使用時、危険にさられ可能性の距離目安)

減衰させた
レーザレーパワー出力

レーザーパワーレベル 50% 25% 12% 6%
レーザーパルスレート 400kHz 400kHz 400kHz 400kHz
最長測定距離6),8)
自然物ターゲット ρ≧20%
自然物ターゲット ρ≧60%
2,100m
3,200m
1,500m
2,400m
1,120m
1,800m
820m
1,350m
最大測定飛行高度AGL7),8) 2,600m
8,600ft
1,950m
6,400ft
1,450m
4,800ft
1,100m
3,600ft
NOHD4)
eNOHD5)
70m
560m
68m
550m
44m
360m
25m
250m
6)
下記の状況を想定しています。
  • ・ターゲットサイズがレーザービームのスポットサイズより大きい
  • ・平均的な明るさ
  • ・視界 40km
  • ・適切な飛行計画とマルチタイムアラウンド処理によって不確実性を解消を解消
  • ・直角の入射角
7)
反射率 ρ≧20%、FOVFOVFOV 60°、追加的なロール角、±5 MTAゾーンの変わり目は考慮せず。
8)
明るい太陽のもとでは曇り空の場合よりも作動距離がかな短くなり、作動飛行高も低くなります。
9)
IEC60825-1:2007のviewing a single scan lineに準じたMPEに基づく公称眼障害距離。
10)
IEC60825-1:21:2007のviewing a single scan lineに準じたMPEに基づく拡張された公称眼障害距離(eNOHD:双眼鏡あるいは望遠を使用時、危険にさられ可能性の距離目安)
最短距離11) 50m
精 度12),13) 20mm
確 度12),14) 20mm
レーザーパルス
繰返しレート18)
400kHzまで
有効測定レート 60°スキャンの場合 266kHz
レーザー波長 近赤外
ビーム広がり角15) <0.25mrd
1パルス当たりの
ターゲット数
デジタル化された波形に対しては無制限16)
モニタリングデータ出力:ファーストパルス

スキャナー性能

スキャナー機構 回転ポリゴンミラー
スキャンパターン 平行スキャンニングライン
スキャン範囲 ±30°=60° total
スキャン速度 14~200ライン/秒17)@レーザーパワーレベル≧50%
10~200ライン/秒18)@レーザーパワーレベル<50%
角度ステップ幅 Δθ19) Δθ≧0.012°@レーザーパワーレベル≧50%
Δθ≧0.006°@レーザーパワーレベル<50%
角度測定分解能 0.001°
Scan Sync 外部のタイミング信号にスキャンラインを同期させる為のオプション
11)
RIEGL社テスト条件下で250mの距離での標準偏差1σ
12)
RIEGL社テスト条件下で250mの距離での標準偏差1σ
13)
精度は測定された量の、真の値に対する整合度です。
14)
確度は再現性とも呼ばれ、さらなる測定が同じ結果を示す度合いです。
15)
1/e2の点で測定。0.25mradは1,000mの距離で25cmのビームサイズを意味します。
16)
実際にはデータレコダの最大データレートによってみ制限される。
17)
最小スキャン速度増加はPRR400,000Hz@レーザーパワー≧50%で53ライン/秒までリニアーに増大
18)
最小スキャン速度増加はPRR400,000Hz@レーザーパワー<50%で27ライン/秒までリニアーに増大
19)
連続するレーザーショット間角度。ユーザ調節可能

受光強度情報

各レーザ測定の追加情報として、高分解能(16ビット)の受光強度情報があり、これをターゲットの差別や認識・分類に使用するとができます。

データインターフェース

設定用 イーサネット TCP/IP(10/100Mbit) RS232(19.kBd)
モニタリング出力用 イーサネット TCP/IP(10/100Mbit)
デジタルデータ
出力用
データレコーダ用高速シリアルデータリンク
同期 シリアル RS232インターフェース TTL入力(1pps同期用パルス)
GNSS時間情報の異なったデータフォーマットに対応

一般的技術データ

電源入力 18 - 32 VDC
消費電力 DC24Vで約 7A
主 寸 法 480 x 212 x 279 mm
重 量 約20kg
保護クラス IP54
最大飛行高度
(作動中)
基準海面(MSL)より5,000m (16,500 ft)
最大飛行高度
(非作動中)
基準海面(MSL)より5,500m (18,000 ft)
温度範囲 0℃ ~ +40℃(作動)
-10℃ ~ +50℃(保管)
IMUセンサーの
取り付け
レーザースキャナーの上部にスチール製ネジ穴があり、
内部構造にしっかりと固定されている。

 

お問い合わせ

お電話での御問い合わせ
03-3382-7340
インターネットから御問い合わせ
お問い合わせフォームへ
リーグル社ホームページ

RIEGL社ホームページ(英語)

i-Construction 点群iPadアプリ RiALITY